029-251-8811
受付時間:AM10:00〜PM4:00

医学委員会からのお知らせ

●医学委員会から「アンケート調査」のお願い
茨城県剣道連盟医学委員会では剣道での傷害・疾病の実態を把握し、生涯剣道を目指すうえでの健康・安全確保につなげるため、茨城県で剣道をされている方を対象にアンケートを実施させていただきますのでご協力お願いします。
「アンケート用紙」はこちらでダウンロード願います。
 ・アンケート(word版)
 ・アンケート(PDF版)

 ・アンケート回答締切日  令和2年6月30日
 ・アンケート回答方法   FAXでの回答:029-255-6228
             Mailでの回答:iba-kend@shore.ocn.ne.jp

 2020.05.20  新型コロナウイルス感染リスク度チェック項目
 2020.05.20  (重要)新型コロナウイルス感染防止に向けた対応について
 2020.05.05  新型コロナウイルス感染症を乗り越えるための説明書
 2020.05.05  新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けた対応について
 2020.04.12  ひとり稽古の勧め
 2020.04.06  新型コロナウイルス感染症の集団発生を防止するためのお願い
 2020.04.02  新型コロナウイルス感染に対する緊急提言

新型コロナウイルス感染症を乗り越えるための説明書 2020.05.20

各種集会やスポーツ・サークル活動における新型コロナウイルス感染に対するリスク度チェックの表と使い方をご覧ください。この表でリスク度を可視化できます。また、リスク度を下げる工夫をしてみてください。また、マスクの効果についてもご覧下さい。

新型コロナウイルス感染防止に向けた対応について 2020.05.20

令和2年5月20日

(一財)茨城県剣道連盟 会 長 小倉 培夫
医学委員会   委員長 林  明人

(重要)新型コロナウイルス感染防止に向けた対応について(第4報)

茨城県では5月16日に緊急事態宣言が解除されたことに伴い、休業要請、外出自粛要請及び学校再開の目安となるステージが4から3に段階的に引き下げられました。(ステージ3では、高齢者の外出自粛・週1-2日程度の分散登校で部活禁止となります。)全日本剣道連盟からは5月19日付けに全国の都道府県剣道連盟に対して引き続き対人稽古の自粛要請の連絡がなされました。(全剣連HP

これを受けまして、皆様には引き続き対人稽古及び集団での稽古等の自粛をお願いします。

新型コロナウイルスにより剣道の活動は大きく制限される中、この時期に自分の剣道や健康について見直しましょう。こういう時にこそ、ピンチを絶好のチャンスとして、これからに役立てる何かを行い剣道人としての幅を広げていきましょう。コロナとの闘いは長丁場です。コロナが収束してもまた第2波がくる可能性があります。Afterコロナではなくwithコロナとして、生活する対策(リバイバルプラン)を立て、剣道の再開への道をともに歩みましょう。
            
参考として、各種集会やスポーツ・サークル活動における新型コロナウイルス感染に対するリスク度チェックの表と使い方をご覧ください。この表でリスク度を可視化できます。また、リスク度を下げる工夫をしてみてください。また、マスクの効果についてもご覧下さい。

新型コロナウイルス感染症を乗り越えるための説明書 2020.05.05

諏訪中央病院の玉井先生が新型コロナウイルス感染症に関する分かりやすいイラストを掲載されています。
http://www.suwachuo.jp/info/2020/04/post-117.php

新型コロナウイルス感染防止に向けた対応について 2020.05.05

令和 2 年 5 月5日
(一財)茨城県剣道連盟 会長 小倉 培夫
医学委員会 委員長 林 明人

新型コロナウイルス感染防止に向けた対応について(第3弾)

政府による「緊急事態宣言」の延長が 5 月 4 日に決定されました。茨城県は特定警戒都道府県であり、新型コロナウイルスとの闘いは長丁場になることを余儀なくされています。剣道の稽古で集まることは3つの「密」の状態となってしまいます。

引き続き、剣道の稽古で集まることは禁止でお願いします。また、各団体での総会や懇親会の自粛もお願いします。直接集まることを避け、電話、メール、オンライン会議を利用して下さい。

今はまだ我慢です。ひとり稽古で自身の剣道を見直す機会としましょう。適度な運動・しっかりとした栄養・十分な休養をとり、生活のリズムを保ちましょう。また、直接の接触を断ち切る一方で、電話やオンラインなどを用いて家族や親しい仲間とのつながりを持ち、こころの健康を保ちましょう。

ひとり稽古のすすめ 2020.04.12

全剣連でのホームページが更新されました。

新型コロナウイルスの感染予防のためには、運動すると例えばランニングでは10mの距離を開ける必要があるとの医学論文の報告があります。稽古でなくても集団で集まることで感染の可能性があります。

剣道の稽古で集まることは禁止でお願いします。
今は一人稽古です。
今が我慢のしどころです。

各団体での総会を含めた会合等も電話・ファックスに加えテレワーク・テレビ会議などを導入し、人が集まることを極力避けましょう。

人と人との接触を断ちましょう。しかし一方で、人と人のつながりを保ち正しい情報を共有し、新型コロナウイルスに立ち向かいましょう。

令和2年4月12日
医学委員会 委員長 林 明人

(重要)新型コロナウイルス感染症の集団発生を防止するためのお願い 2020.04.06

茨剣連第81号
令和2年4月6日 (一財)茨城県剣道連盟 会 長 小倉培夫
医学委員会 委員長 林 明人

(重要)新型コロナウイルス感染症の集団発生を防止するためのお願い

 みだしのことについては、4月5日付で全日本剣道連盟から通知がありました。その内容については、感染者が10名以上の都道府県においては、当面、対人的稽古を中止すること及びトレーニングの実施方法等についてであります。詳細については、全剣連ホームページ(←クリック願います)をご覧ください。
 当県は、対人稽古中止県に該当します。対人稽古をやめても完全に防げるものではありません。また、他の都道府県における稽古会にも2週間程度は参加しないこと。稽古以外にも懇親会等は感染するリスクが高いことから、当面の間、自粛するようお願いいたします。

以 上

(重要)新型コロナウイルス感染に対する緊急提言 2020.04.02

茨剣連第79号
令和2年4月2日

(一財)茨城県剣道連盟 会 長 小倉培夫
医学委員会 委員長 林 明人

(重要)新型コロナウイルス感染に対する緊急提言

 現在、我が国は新型コロナウイルスとの戦いの真っ只中にあります。
 日本人として、武道人として、日本を守るために一人一人が自覚して行動することが大切です。
 人と人との接触を断つことが、ウイルスの感染経路を断つための最も重要な予防法です。現在、県内の多くの道場及び公共施設等を使用した定例稽古会につきましては、稽古が自粛されておりますが、他方、場所によっては稽古が行われているところもあります。
 新型コロナウイルス感染に係る現状を踏まえ、各道場における稽古会につきましては、当面、自粛されることをお願いいたします。
 今が我慢のしどころです。会員の皆様、一致団結して新型コロナウイルスに打ち勝ちましょう。そして、剣道等を大いに楽しめる世の中を取り戻しましょう。

 *昨日、愛知県立武道館において先月剣道の稽古を行った警察官2名が感染し、県立武道館が使用禁止になったとの報道もありました。

医学委員会議事録

茨城県剣道連盟

〒310-0903
茨城県水戸市堀町1161-13
TEL: 029-251-8811
FAX: 029-255-6228
MAIL:
iba-kendshore.ocn.ne.jp
を@に変えてください